6月23日 朝日は左、夕日は右端

P6230313_2 P6230323 P6230336_2
P6230328 P6230363 P6230381_2

P6237087 P6237096 P6237099
P6237107 P6237130 P6237158
日の出と日の入り場所が夏至点を過ぎて
冬至点へ移動を始める朝夕

| | コメント (0)

6月22日 梅雨空に富士浮かぶ朝

P6227015_2 P6227018 P6227020
P6227026_3 P6227040_2 P6227058
台風並みに大荒れだった「夏至}の翌朝
回復しきれない梅雨空に富士山が浮かんだ。

↓6月22日 「夏至」日の夕空

| | コメント (0)

6月19日 薄曇りの朝 深谷通信所跡地

P6190334 P6190407 P6190434
P6190459 P6190447 P6190540
前日の典型的な梅雨が止んで
薄曇りの中、富士山が見えた朝
この前見た時より山頂付近の
積雪が増えたように見えた。

| | コメント (0)

梅雨空続かずアジサイの頃過ぎゆく

P6151343 P6151359 P6151379
P6151386 P6151397 P6151399
P6151432 P6151441 P6151456

梅雨空の広がる日は多いが直ぐに回復して雨量の
少ない日が続いている。
タチアオイの花が咲き昇り梅雨明けを思わせる空。
まさかりが淵辺りのアジサイは剪定時期の関係か
例年より花が少なく期待外れで・・・

| | コメント (0)

6月10日 満月と朝もやの夜明け

P6100624 P6100622 P6100634
P6100656 P6100667 P6100699
P6100722 P6100773 P6100781
前夜の満月が入り残り朝もやが漂う非日常の光景

| | コメント (0)

6月8日 梅雨の晴れ間に夕富士浮かぶ

P6086728 P6086744 P6086752
P6086769 P6086782 P6086789
梅雨入り二日の夕富士

| | コメント (0)

6月8日 梅雨空の朝

P6080676 P6080683 P6080691
P6080715 P6086692 P6080729
始まった梅雨、荒れずに早く明けてほしいと願うだけ

| | コメント (0)

«6月5日 梅雨入り前に雲の峰連なる